夢へのキャリア

失敗作5127台!ダイソン掃除機のジェームズ・ダイソン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sir_James_Dyson_CBE_FREng_FRS

おっす!毎朝掃除してる村上です。

 

私はたまに単純作業をする時、斎藤一人さんて人の音声を聞くことがあるんですけども、彼が言うには掃除が成功者にとっていいみたいですね。

例えばトイレはお金、窓は先の見通し、玄関は家族だったかな。

なんか色々掃除によって運気があるみたいですよ。

 

で、掃除といえば掃除機!そう、うちの掃除機はサイクロン掃除機ではありますが、これまた吸引力が弱いんです。

 

ということでやっぱりあの掃除機が欲しくなっちゃいますよね。

そう、今日ご紹介する人物が作ったサイクロン掃除機!

 

ダイソンですね。

それでは今日はダイソン掃除機の生みの親でもある、ジェームズダイソンについて見ていきましょう!

 

ダイソン掃除機の発明者ジェームズ・ダイソン

 

「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」といえばご存知ダイソンの掃除機。

このダイソンのデュアルサイクロン式掃除機が登場して以来、家電量販店の掃除機の大半がサイクロン式に置き換えられ、その中でもダイソンはトップを誇るブランドを維持しています。

Sir_James_Dyson_CBE_FREng_FRS

今回は家電の世界に革命をもたらした技術者&デザイナーのヒーローことジェームズ・ダイソンのサクセスストーリーについて見ていきたいと思います。

ジャームズ・ダイソンのサクセスストーリー

 

1947年5月2日、イギリスのノーフォークという地にダイソンは産声を上げました。

norfolk-91419

父親はBBCテレビで働きたいと思いながらも古典学の教師をしておりましたが、やがてガンを宣告されて入院することになります。

そしてダイソンがわずか9歳の時、父親がこの世を去ります。

hospital-bed-315869

この時、ダイソンは『父のようにやりたいことができずに生きる人生は嫌だ』と心のどこかで思ったと言います。

それからのダイソンは、心にぽっかりと穴が開いたようになり、陰気で友達もできず、学校の成績も悪かったといいます。

guy-781483_1920

そんなある時、学校の長距離走で優勝をしたことをきっかけに走ることが大好きになりました。

そしていつも走っていた砂丘の絵を描いたところ、今度は人生で初めて賞を取ったのです。

しかし、それを機に美術の先生が頻繁に指導をすることが嫌になり、反抗期と重なって再び陰気な生活に戻ってしまいます。

 

ダイソンが15歳になると、学校で木工の授業に出会いました。

arts-crafts-298715_1920

木工はダイソンの好奇心を刺激して興味がありましたが、家族からは『木工は教育の無い人が粗末な小屋でやるようなもの』というふうに思い込まされていたのです。

しかし心の中では密かに芸術に関する仕事をしたいという気持ちが日に日に強くなっていったのです。

 

美術に加え、木工を通して心のどこかでアートなことをやりたいと願っていたダイソンは、やがて美術専門学校、そして英王立芸術大学に行くことに決めます。

 

大学でのダイソンはデザイン、そして発明に夢中になりました。

在学中に発明した、時速60Kmで海を走る『シートラック』や『車輪付きボート』、車輪をボール状にした一輪車を発明したりしてちょっとした話題になっていました。dyson-ballbarrow dyson-rotork-sea-truck

1978年、31歳になったダイソンはある時、いつものように紙パック式の掃除機を使って掃除をしていました。

cleaning-381089_1920

すると掃除機の吸引力が落ちて全く吸わなくなってしまったことにひどく苛立ちを覚え怒りがこみ上げてきました。

『俺がもっといい掃除機を創り出してやる!』

ここからダイソンの掃除機開発への長い挑戦が始まります。

ダイソンは家の物置スペースに一人きりで籠もると、掃除機の試作(プロトタイピング)を始めました。

office-worker-1149557_1920

1台目はほとんどがダンボールで出来ていました。

このまま
ダイソンは作り続けます。

貯金の全てを掃除機開発につぎ込んで、1日換算すると平均3台のペースで作っていきます。ある日、製材工場の粉塵を見たダイソンは、工場の遠心分離機の原理で分離、吸引する様子を見て、これを掃除機に応用できないかと思いついたのです。

centrifuge-1049579_1920

かし、開発を続けること数年の年月が経ち、開発費用は銀行に借りて、奥さんは生活のために美術教室を開き始め、友人からは「ちゃんと仕事に就け」と言われながらもついに試作品の数は3000を超えていました。

3146台目を作った頃、さすがにこれは難しいかもしれないと頭をよぎりますが、ダイソンはエジソンの「失敗者とはどれだけ成功に近づいたか気付かずに諦めた人だ」という言葉に勇気づけられ、続けて作品を作り続けていきます。

thomas-edison-male-1278142_1920

やがて貯金は底をつき、自己破産寸前まで追い込まれたダイソンは、ついに5127台もの掃除機を作りようやくGフォース(遠心力)型サイクロン式掃除機を完成させたのです。

Dyson.cleaner.dc07.arp

かかった年月は5年。

早速ダイソンは世界初のサイクロン掃除機をイギリス、アメリカにて製造販売を行ってくれるように売り込みに行くものの、どこも相手をしてくれませんでした。

理由は紙パック式で儲ける市場がなくなると考えたからです。

そこでダイソンは1985年、日本に試作品を持ち込むことにしたのです。

 

するとイギリスやアメリカとは違い、日本の技術者は新しい技術に興奮し興味津々ですぐにダイソンとライセンス契約を交わしたのです。

こうして最新の技術ダイソン掃除機は『宮引力の落ちないただ一つの掃除機』と言うキャッチコピーで、紙パックの交換を面倒と考えていた主婦を中心に爆発的にヒットしたのです。

Sir-James-Dyson_2064492b

こうしてようやくダイソンは掃除機から資金を得ることができるようになりました。

一方、皮肉なことに、ダイソンの掃除機を断った企業たちは紙パックのいらない掃除機の開発をすることになります。

そしてダイソンはこの売り上げを資本金として工場を建てると、ようやく1993年にダイソン社を設立するまでになったのです。この時のダイソンの年齢は46歳。

実にアイデアから事業になるまでに15年もの月日が流れていたのです。

こうして軌道に乗ったダイソンは掃除機から最近では羽根のない扇風機といった、革命的な製品を生み出し続けて人々を驚かせる企業へと成長していったのです。

James-Dyson

 

ダイソンははじめは、陰気で友達もできず自分のやりたいこともわからずにもがいていた少年でした。

しかし、一つのアイデアを実現するまで何度も失敗を乗り越えたことによって、今では2000人の技術者を持つビリオネア企業、そして英国三大デザイナーと呼ばれるまでに成長したのです。

James_Dyson_in_February_2013

彼は成功するまでたとえ5000回失敗しても絶対に諦めなければ、必ず成功するのだということを証明してくれました。

「もしあなたが今なにか諦めかけていれば、それは成功に近づいていると気づく時なのかもしれません」

Sir_James_Dyson_CBE_FREng_FRS

誰もが、最初から成功するわけではない。失敗を罰するより、そこから学ぼう。わたしは常に失敗している。わたしはそれ以外の道を知らないのだ。

– James Dyson

 

それでは今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

【参考記事】

https://en.wikipedia.org/wiki/James_Dyson

http://d.hatena.ne.jp/syncrokun/touch/searchdiary?word=*%5B%A5%B8%A5%A7%A1%BC%A5%E0%A5%BA%A1%A6%A5%C0%A5%A4%A5%BD%A5%F3%A1%CA%A3%B1%A1%CB%5D

http://for21.hatenablog.com/entry/2014/05/31/%E3%80%8C%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AB%E8%80%B3%E3%82%92%E5%82%BE%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%80%8D%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC

 

【写真引用元】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3

http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/industry/engineering/11915733/Inventor-Sir-James-Dyson-receives-80m-of-dividend-payouts.html

http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/dyson-cool-fan-billionaire-inventor-3210935

http://www.stuff.tv/features/dysons-greatest-inventions-ballbarrow-airblade

http://for21.hatenablog.com/entry/2014/05/31/%E3%80%8C%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AB%E8%80%B3%E3%82%92%E5%82%BE%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%80%8D%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*