Murakami

ストーリーで戦略家になろう!:孫子を遺した孫武のストーリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sun-tzu-biz-tips-article

  織田信長や黒田官兵衛を始めとする戦略家は数々の不利な戦いを逆転して勝利しました。

またナポレオンやアレクサンドロス3世など戦略を極めるものは、多くの国を次々と攻略し世の中に大きく名を残していることがわかります。

napoleon-bonaparte-67784_640 ↑戦略で列強国を支配したナポレオン  

 

そこで今回の企画では 『ストーリーを読んで戦略家になる』 と言うテーマで書いていこうかと思います。    

この企画の目的

 

個人的にマンガとか映画、そして歴史が好きであります。

地震や戦争などの災害が起きても素早く戦略を立てられる人が増えれば、それぞれが周りの家族や仲間を守っていくことができるようになります。

もちろんビジネスや恋愛や将棋や応用できる範囲は様々です。

この企画はストーリーを読むだけでなんとなく戦略を知った気になることができるというお得な記事なのである!

しかも最後には戦略付きでお届けしてます。

 

第一回目のテーマ:孫子を遺した孫武

 

ビジネスではビル・ゲイツや孫正義、戦争は武田信玄やナポレオン、スポーツはフェリペ監督や長嶋茂雄氏が愛読書としている本があります。  

それが今回紹介する孫子の兵法。

記念すべき第一回目のストーリーは・・・ 孫子の著者の孫武です!

hqdefault 孫武(紀元前535年〜496年頃)

2500年もの間に多くの偉人から読まれた超ロングセラーの著者のストーリーとは一体・・・

それでは早速見ていきましょう!

孫武のストーリー

 

  時は紀元前500年頃。

灼熱の太陽に照らされた砂埃が舞い上がる中華。

yellow-mountains-532857_1920

ある斉の国にて『戦わずして勝つ』という戦略を生み出した男がいました。

名は孫武といいます。

  兵法に通じているという理由で孫武はある日、呉の国王である闔閭(こうりょ)に招待されました。

闔閭(こうりょ)は孫武に尋ねました。

闔閭『そなたの兵法書はすべて読んだ。どうだ?試しにひとつ兵を訓練してみないか?』

孫武『承知しました。』

闔閭『女でもできるか?』

孫武『可能です。』  

こうして孫武は180人の女兵士を訓練することに。

しかし実は女兵士は前もって孫武の言うことは聞かないように仕組まれてありました。

roof-1028256_1920

 

広場に集まった女兵士を孫武はまず2つに分けて、それぞれ王の寵姫(ちょうき)2人を隊長として配置します。

そして全員に矛を持たせると、

孫武『どうだ、お前たち!自分の胸、左手、右手、背中がわかるか?』

女兵士『はーい、わかりまーす!』

孫武『では俺が前といったら胸を見るんだ。左と言ったら左を向け。同じく右と言ったら右。背後と言ったら背後を向け。わかったか?』

女兵士『はーい。』

 

孫武はマサカリを持ち出すと再三号令が全員に行き渡るように説明を繰り返しました。axe-47042_1280   そして孫武が太鼓を鳴らして号令を出します。

 

孫武『ドドンっ!右!』

女兵士『・・・・・・プハッ!』

女兵士たちはケラケラ笑って隣の兵士たちの顔を見合わせておしゃべりをしました。

女兵士『(やるわけないっつーの!ww)』

 

孫武『号令が理解しにくかったのかもしれないな。これはすまなかった。』  

 

そこで孫武はまた同じように号令の説明を何回か繰り返して説明をしました。

そしてまた太鼓を叩いて号令を出します。  

 

孫武『ドドンッ!左!』

するとまたしても女兵士たちはケラケラ笑ってしまいました。

女兵士『(チョーむなしいんですけど!ww)』

  孫武『・・・先ほどの号令は私が悪かったが、今度の号令は全員が意味をわかっているはずだな。これはそれぞれの隊長の責任だ。』

 

そう言うと手に持っていたマサカリで隊長の髪をわしづかみにして斬ろうとします。

すると面白半分でテラスで見ていた呉王の闔閭(こうりょ)が

闔閭『よせ!そなたの訓練はわかった!その二人の女がいなければわしは食事も喉を通らない!頼むから斬るのはやめてくれ!』

しかし孫武は持っていたマサカリを闔閭に向かって突きつけると、こう言い放ちます。

孫武『呉王。この部隊の将は私です。将が軍にあるときは、君命たりともお受けできないことがあります。』

そしてそのまま掲げたマサカリで女隊長2人を斬り捨てるのです。  

当然、女兵士たちのなかに笑うものは1人もいなくなりました。

そして孫武は新たに寵姫(ちょうき)2人の代わりとなる美女を2人隊長として任命します。  

孫武『ドドンっ!右!』

すると今度は一糸乱れぬ動きで女兵士全員が右を向き、続いての号令もまとまるようになったのです。

しばらくして孫武は呉王に伝令を出しました。  

 

孫武『訓練はすでに完了しました。よろしければ、こちらに来てお試しください。王が命令されれば、兵は火の中、水の中でも飛び込みます。』

闔閭『いや、それには及ばない。そなたはどうか宿舎に戻って体を休めると良い。』

孫武『どうやら王は兵法の理論はお得意ですが、実際に活用なさるのは苦手なようですな。』  

 

口をつぐむしかない闔閭(こうりょ)は孫武が傭兵に優れていることを認め、彼を将軍に取り立てたのです。

呉はその後、西は最強と言われる楚を打ち破り、都の郢を攻略し、北は斉、晋を脅かして大きく名を轟かせたと言いましたとさ。  

孫子の兵法

 

  孫武の残した孫子はこの一節で始まります。

兵は国の大事にして、死生の地、存亡の道なり。 察せざるべからず。 戦争は国の重大ごとであって、国民の生死、国家の存亡がかかっている。それゆえ、細心な検討を加えなければならない。 孫子 始計篇

 

  負ければ国は滅ぶ。

当時は当たり前のことでありましたが、戦場以外ではその危機感が薄れていたのでしょう。

同じく戦争のない現代もそうです。

孫武が女隊長を斬りつけずに兵を甘やかせば戦争に負け、他の多くの人が死んでいたのかもしれませんからね。

  そして孫武の最後の言葉。

孫武『どうやら王は兵法の理論はお得意ですが、実際に活用なさるのは苦手なようですな。』  

勉強ばかりしていても実践できなければ意味がないと言うことでしょう。

日露戦争参謀の秋山真之もこう言っています。

応用の才気のない者は、どんなに戦術を研究したところで、ただ単に口や文章だけの学者にしかならず、実践家になるのは難しい

 

今から取るべき戦略

 

  ということでこれからあなたが今日見ていただいたストーリーを通して戦略家になるためのステップを出していこうかと思います。

このステップは私も実際にやって検証して、たまにブログで成果報告を出していきます。 では、今回のステップです。

戦略1 『勉強したいな』と思ってることがあれば、勉強を通り越してまずは実践してみてください。  例) 英語の勉強したい→海外の人に匿名で英文を送りつける

 

  私はフェイスブックで知らないフィリピン人とやりとりをして、スカイプしましたがとっさに英語が出ないなという気づきになりました。。。  

とりあえず『勉強したいな』って同じようなこと言ってる奴はこの世の中に五万といますが、実践する人はほんの一握りなのであなたはやってみてさっさと習得してください。  

それでは第一回の戦略の記事はいかがだったでしょうか?

是非とも実践家&戦略家になりましょう! では最後まで読んでくれてありがとうございます。  

村上  

 

参考資料

 

『孫子』 守屋淳 著  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*