デジタルカメラ講座

シャッタースピードで「変わる世界」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
camera-918565_1920

今日の写真をパシャり♪

スクリーンショット 2016-03-22 8.04.11
shouichiです。

この鳥が羽ばたく瞬間も、デジタルカメラだから
できることなんです♪

今日は「躍動感の世界」と「幻想的な世界
についてお話ししていきます。

2つの世界

なんじゃそりゃ??

って感じでしょうが、、

この2つの概念を覚えるとあなたは、
「その場面場面に合わせた撮影方法」を学ぶことが、
できるようになります♪

それでは早速行ってみましょう!!

つい先日、福岡では有名な「白糸の滝」へ行ってきました〜♪

EXP=1470901734.jpg

季節によってはヤマメが釣れたり、焼き団子が食べれたりと
夏を感じる貴重な体験でした。

是非一度行ってみてください!・・

って違うw
白糸の滝を紹介したいわけではないww

まずはこちらから
A

1:1000

つづいてこちら
B
1秒

どこが違うかもうわかりますよね??
A=躍動感な世界
写真の中からでも、水しぶきが弾いて、
マイナスイオン ブシャ〜!!
って感じでしょ?

B=幻想的な世界
緩く流れるその映像は、
流水が岩場を滴り流れるかのように、
うっとりできませんか?

このやり方は、
ズバリ・・・・

「シャッタースピードを変える」
ってことになります。

これはスマートフォンのカメラ
では写すことができません!

シャッタースピードとは

カメラが被写体を撮影する時
どのくらいの速さでシャッターを切る
かで被写体の映り方が変わることになります

こちらをみてください
スクリーンショット 2016-03-22 8.37.25
僕はNikon D300という一眼レフを利用してます。
※カメラのメーカーによって、シャッタースピード記載場所は、
変わってはきますが、表示方法や概念としては同じです。

この場合「60」と記載がされてることはわかりますか??
この意味は1秒に対して1/60秒でシャッターを、
切っているってことになります。

1:1000
Aのこの写真は
シャッタースピード1/1000秒
で撮影してます。

1秒

Bのこの写真は
シャッタースピード1/1秒
で撮影してます。
スローシャッターとも言われます。

Aのようにシャッターを切るスピードが速いと
瞬間的な写真が撮れるようになります。
スクリーンショット 2016-03-22 8.49.06
高速で動いてる飛行の写真も通常だと、
速すぎてぼやけてしまいますが、
空で止まっているかのような描写でしょ?

スクリーンショット 2016-03-22 8.48.30
波際のサーファーに
海の波しぶきがかかっている様子が、
非言語で伝わってくるよね〜〜!

続いてBの写真は、
シャッターを切るスピードが、遅いと流れるような
映像を作ることできます。

スクリーンショット 2016-03-22 8.57.34

夜の車が流れるその様子を、
シャッタースピードを2.5秒開けっぱなしで撮影してます

スクリーンショット 2016-03-22 8.57.01 
応用編
星の軌道をシャッタースピードを1/1秒とかではなく
数十分開けっぱなしにした時の映像ですね〜。

映したい場面場面で、
肉眼では見れない全く違う世界を、写すことができますよね♪

 

準備するもの

スローシャッターで撮影をする際は
必ず、「三脚」が必須になります

それはなぜかというと・・
手ぶれをおこして、
被写体がブレブレの写真になるんですね。。

「今日はこんな感じのこともできる!」
ってことだけお伝えしておきます。

次回はどんどん詳細のやり方について、
話していきます!
乞うご期待!

「新しい世界にフォーカスを」

それではまた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*