映像制作

Keynote×iMovie で合成技術を!字幕の表示方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クロマキー

こんにちは。

 

今回はクロマキーエフェクトについてお話しします。

 

ではでは、動画もありますので

いつもと同じく動画で確認したい方は下からどうぞ。

 

よく、テレビ番組でグリーンの背景などを見たことがある方もいるのではないでしょうか?

今回お伝えするのもこのグリーンやブルーのスクリーンを使って

クロマキーエフェクト、つまり合成技術のやり方をお伝えしていきます。

それでは早速始めていきましょう。

ちなみにあなたはこの合成技術を使ってKeynoteで

字幕表示をすることができるようになります。

スクリーンショット 2016-09-06 10.13.11

なのでまず、字幕表示のやり方を見ていきましょう。

まずはじめに字幕を出したい文字を決めたら

ここでアニメーションなどを追加しても良いですね。

 

スクリーンショット 2016-09-06 10.13.47

ここでは炎で燃えるエフェクトを選択したいと思います。

 

そしたら図形で四角を選んで

このように後ろに配置をしておきましょう。

スクリーンショット 2016-09-06 10.14.52

 

そして、その色をグリーンに変えます。

スクリーンショット 2016-09-06 10.15.09

するとですね、このように後ろがグリーンになるので

この状態で再生ボタンを押してスライドショーを記録します。スクリーンショット 2016-09-06 10.15.37

するとこのような感じでグリーンの背景に字幕が表示されます。

そしてこの部分を切り取って動画に字幕を挿入していきます。

ちなみに今回使うのはみなさんお馴染みのiMovieで作ってみたいと思います。

スクリーンショット 2016-09-06 10.15.58

それではまず最初に先程の字幕を入れたい動画を選択します。

そしてその上に先程のグリーンバックの字幕をおきます。

スクリーンショット 2016-09-06 10.16.37

するとですね、この状態ですと再生を押すと

グリーン画面しか表示されません。

スクリーンショット 2016-09-06 10.16.44

そこで画面の上の方にあるグリーン/ブルースクリーン

と書いてある部分を押すと

ここで字幕表示ができるようになります。

スクリーンショット 2016-09-06 10.17.09

早速見てみましょう。

 

スクリーンショット 2016-09-06 10.17.42

はい、こんな感じで字幕表示ができるようになります。

それではですね、このようにして字幕表示をします。

 

あとは、やり方は同じですね。

ちなみにこれはブルースクリーンでも表示することが可能です。

 

それでは次は動画を挿入していきたいと思います。

今回は動画がないので「free chroma key」などと打って検索します。

スクリーンショット 2016-09-06 10.19.01

するとこのような感じでですね、動画を選択すると

いろいろとクロマキーエフェクトの動画がいっぱい出てきます。

 

そしてこの中で何か選んで気に入ったものがあれば

規約を読んでダウンロードをしてみてください。

この時に注意すべきなのは信頼できるサイトかということと

ダウンロードする時に著作権は大丈夫か

ということを注意しておいてください。

著作権はコピーライトフリーと書いていたら大丈夫です。

 

説明文をきちんと読んで使ってみましょう。

これで大丈夫だと思ったらダウンロードします。

ダウンロードが完了したら先程と同じく

クロマキーエフェクトがある動画を先程の

動画の上に装着します。

スクリーンショット 2016-09-06 10.20.39

すると、このような感じで見えるようになります。

 

あとは、字幕表示とやり方は同じで

この二つを選択して上のグリーンブルースクリーン

と書いてある部分を押すことでこのように合成技術が完了します。

スクリーンショット 2016-09-06 10.20.56

はい、それでは今回の動画は以上です。

ぜひ、あなたも合成技術を使いこなしてワンランク上の

動画作成を心がけてみてください。

 

それでは最後までご視聴いただきありがとうございます!

次回へどうぞ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*