映像制作

Keynoteでアメコミ風のイラストを描こう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イラスト

 

こんにちは、村上です。

 

今回はですね、人物画とか写真をイラストにする方法についてお話ししていきます。

Keynoteを今回は使いますがいつも通り、

動画で見たい方は下からお願いします。

 

写真と文字での説明はこれから始まります。

一応、動画の方にも字幕機能はつけているので

あまり記事で書く意味はなかったりするんですけどね。。。

 

まぁ、いいや。

 

今日はKeynoteでイラストを描く方法でしたね。

 

今回の動画を見ることによってあなたも

友達とか知り合いの写真をイラストにすることができるので

そのイラストを見せれば彼らを喜ばせることもできるでしょうね!

 

 

それでは始めていきましょう!

それでですね、まず最初にKeynoteを開いたら

イラストにしたい人物画を選びます。

今日はこのかわいいねーちゃんですね。

スクリーンショット 2016-08-16 21.23.22

 

そしてこのようにKeynoteの中に人物画をインポートします。

 

まず最初にこれから画像の上からペンでなぞっていきますので

描きやすいように画像を不透明、つまり透明にしておいてください。

スクリーンショット 2016-08-16 21.24.14

そしてですね、ここは写真次第でいいと思うんですけれども

後ろの背景をもし消したいのであればインスタントアルファで消しておいてください。

 

今回はそこまで目立った背景はないので

このままいきたいと思います。

 

そしてインポートしたイメージなんですけれども

このままだと少し動いてしまうので

画面の右側にあるフォーマットから配置を選びます。

 

すると下の方にロックとかいてあるのでこちらを押します。

スクリーンショット 2016-08-16 21.25.38

 

するとですね、写真が動かなくなりますので

これで絵が描きやすくなります。

 

それでは早速人物画を描いていきましょう!

 

上にある図形からペンで描画と言うものを選びます。

するとこのようにペンで書くことができます。

スクリーンショット 2016-08-16 21.26.56

コマンド+オプション+P のキーを押すことで

ショートカットすることができます。

 

完了するときはダブルクリックするかエンターを押しましょう!

 

写真を不透明度にしておいてこのように上からなぞることで

誰でも簡単にその写真の通りのイラストを描くことができます。

スクリーンショット 2016-08-16 21.29.29

 

こんな感じでですね、一つ一つなぞりながら絵を描いていきます。

 

ペンで描画をするときのポイントは直線と曲線の

使い分けをうまくするということですね。

 

ペンで描画は直線と曲線の両方を使いますので

どちらもうまく使いこなすことによって

写真の通りの絵を描くことができます。

 

描きにくいときは、ズームアップとかをしながら

調整して行ってください。

 

あともう一つ、まつげなどの毛を描くときは

毛筆などペン先を変えることで質感が変わりますので

よりリアルになると思います。

スクリーンショット 2016-08-16 21.30.54

このようにして人物の顔や目、鼻、眉毛、色々と描いていきますね。

 

それではしばらく見ていきましょう!

 

はい、こうやって大体の輪郭を描けてきたら続いて色をつけていきます。

スクリーンショット 2016-08-16 21.32.36

色をつけるときなんですけれども、画面の右の

フォーマットの所からスタイルを選びます。

 

すると、「塗りつぶし」というのが出てきますので

ここで色を選択することができます。

 

塗りつぶしはですね、カラー塗りつぶし

と言うのを選択してここのボタンを押すことで

ここにスポイトがあるんですね。

スクリーンショット 2016-08-16 21.34.01

このスポイトを使うことで

写真と同じ色を使うことができます。

 

しかしですね、ちょっとこれだと見栄えが良くないので

もっとアニメっぽく普通の原色を使いたいと思います。

 

今回は髪は黄色にしておきますね。

スクリーンショット 2016-08-16 21.35.26

そしてもし枠線が必要なければ

枠線なしと言うのを選んでおいてください。

 

このようにして先ほど描いた全てのパーツに

色を選択していきます。

 

はい、それでは大体色が完成してきたら

実際に本物の写真と見比べてみましょう!

スクリーンショット 2016-08-16 21.36.01

と、その前に画面の右上の配置から

グループ化をしておいてください。

スクリーンショット 2016-08-16 21.36.46

こうすることによって一つの画像になります。

 

本物の写真と見比べてみましょう!

 

本物の写真がこちらです。

でーでん!

スクリーンショット 2016-08-16 21.37.48

ちょっと比べてみるんですけれども

やっぱり本物の方が美人です。笑

 

まぁ、それはアニメなんで仕方がないとしましょう。

はい、次にいきましょう!

 

まぁ、こんな感じでですね、今はこの写真の上からなぞることによって

人物画を書く方法についてお伝えしてきました。

 

続いてはこの写真自体をアニメのようなイラストのような

素材に仕上げることを考えていきます。

スクリーンショット 2016-08-16 21.40.15

まずここの下にあるシャープネスと書いてあるので

これを100%にしておいてください。

スクリーンショット 2016-08-16 21.39.50

これで輪郭などがちょっとシャープにはっきりするようになってきます。

そしてですね、上のレベルっていう所があるんですけれども

これをですね、左側の方にぐぐぐぐーーっとこう、、、

寄せて、真ん中にこう寄せて、全部同じ所に近づけていくんですね。

スクリーンショット 2016-08-16 21.42.16

そうするとこのような感じで

ちょっと油絵で描いたような素材に仕上がります。

若干アメコミっぽいですね。。。

 

さらに白黒に仕上げたい方はここにある彩度と書いてあるのを

マイナス100%にまで下げておいてください。

スクリーンショット 2016-08-16 21.43.22

すると白黒写真になります。

こうするとですね、鉛筆で書いたような仕上がりになります。

 

あとは、インスタントアルファとかを使うと、

本当にもう、鉛筆で書いたような仕上がりになっていきますので

ぜひ試してみてください。

スクリーンショット 2016-08-16 21.44.29

はい、このような感じですね。

はい、それでは完成しました。

 

 

これで完成でも大丈夫なんですけれども

ここからさらに面白い方法をお伝えしていきたいと思います。

 

先ほど作ったこのイラストと、

こちらの不透明度にしたイラスト二つあると思うんですけれども

こちらの鉛筆っぽいイラストを不透明度をどんどんどんどん下げていきます。

スクリーンショット 2016-08-16 21.45.14

するとですね、このような感じで

ま、透明になっていくと思うんですね。

 

で、このイラストをですね、

先ほど作ったカラーのイラストの上に

最前面にして載せていきます。

スクリーンショット 2016-08-16 21.46.00

するとですね、このように面白い感じで

影ができるんですね。

 

はい、イラストに影ができるので

よりリアルなアメコミ風のイラストに仕上がります。

 

なので、是非、このようにやってみてください!

 

最後にグループ化して完成です!

スクリーンショット 2016-08-16 21.46.45

はい、それではできました!

以上でイラスト化の説明を終わりたいと思います。

 

それではまた次回!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*