わらしべちゃんぷる

わらしべちゃんぷる (沖縄空手)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
d0182021_1316968

ども シマです。

 

今日はオリンピックでも正式種目となった空手

についてお伝えしようと思います。

 

d0182021_1316968

 

空手の発祥地は沖縄(琉球)です。沖縄には元々

「手(てぃー)」と呼ばれる武術がありましたが、

中国(唐)との交易が盛んだった為に中国武術を

多く取り入れ。「手」と融合して「唐手(とうでぃー)」

と呼ばれる様になりました。

これを日本語読みにしたのが「からて」です。

 

src_10561235

 

この「からて」の文献は非常に多いため、文献のひとつから

お話しします。

 

 

まず空手の流派について説明します。

講道館に統一されている柔道とは異なり、空手には多数の

流派が存在し、流派によって教える型や訓練法、試合規則

も大きく異なります。大別すると、空手の流派は伝統派空手と

フルコンタクト空手の二つに分類することができます。

琉球空手は伝統派空手に分類され、

極真空手はフルコンタクト空手に分類されます。

 

違いとしては、伝統派空手は狭義では寸止め空手の事をさします。

この意で使われることが多いそうです。( しかしながら、伝統派

空手の中にも直接打撃制の流派もある。 広義では形・型の伝承を

通じて、その習得と研究・応用を進める流派を指す。)一般に、

全日本空手道連盟(全空連)に加盟している流派・団体は伝統派空手

と 呼ばれることが多く、礼節や哲学を重視し、フルコンタクト空手

に比べ、「形」「型」の稽古が多いのも特徴です。

 

history009

 

鍛錬方法等は、古来から伝わっている方式を多く用いています。

(巻き藁、鉄下駄、三戦瓶等)但し、これらの道具を必ず使うわけでは

なく、道場や個人で鍛錬方法を工夫しているところもあるそうです。

 

競技会も行われるが、元来護身の手段として技術体系が確立しており、

各流派の流儀においても競技会が中心ではないようです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-6-43-08

 

段級位制を採用するが、型と基本動作ならびに組手に対する

「流儀の習熟度」により昇段・昇級できます。昇級・昇段に要する期間は、

流派や所属する団体により異り、一般的に、いわゆる町道場での昇段には

長期間を要するとのことです。

フルコンタクト空手は組手試合において直接打撃制ルールを採用する空手

のスタイルのことです。伝統派空手で一般に採用されている寸止めやライト

コンタクト の試合規則からは区別され、日本では、極真会館に代表される

グローブ、防具なしの直接打撃制空手を指す場合が多いが、広義では防具

空手を含みます。本来は アメリカで誕生したボクシング・グローブ着用の

空手競技の名称です。(フルコンタクト空手は一般に伝統派空手から派生

した空手の亜流のように理解されてい ますが、フルコンタクト空手で採用

されている直接打撃制ルール自体は、寸止めルールよりも遙かに古い歴史

をもっています。)

 

フルコンタクト空手は極真空手誕生まで沖縄時代、戦前、戦後と変化して

きました。

 

images

 

 

極真空手の創始者大山倍達が始めたフルコンタクト空手は、しばしば

空手界からは異端視され、また本人もそのような受け取られ方をある

種肯定していた側面はあるが、実際にはその起源は大山倍達が所属して

いた剛柔流にあるといいます。

(足当初は町道場規模であったが、昭和46年(1971年)から大山を

主人公にした漫画「空手バカ一代」の連載が始まると、爆発的なブーム

が起こり、極真 会館は急成長を遂げていきます。極真カラテの成功は、

漫画人気によるところが大であるが、それ以外にも大山の精力的な執筆

活動、メディアを通じての宣伝な ど、実戦空手家の系譜としては異例の

優れた商業主義的感覚に負うところが大きく、戦前から再三挫折を余儀

なくされてきた直接打撃制空手は、極真会館がはじ めて定着させること

に成功し、社会的認知を得ました。

 

流派も様々で

 

沖縄3大流派

沖縄三大流派

と言われています。

 

それぞれの伝承と流派による哲学があり、所属団体に積極的に

参加する流派もあれば、組手などには参加しない殺人空手と呼ばれる

流派もあるため一概にこれが最初だというのは難しいのかとも

思いました。

 

 

images-1

 

私も未だに型を覚えているくらですが。高校時代は体育の必修

科目で空手をしていたり、たまたま娘も同じ流派で空手を教えて

もらっていたことがあります。

沖縄発症だと聞いていましたが、調べれば調べるほど、奥が深い!

 

 

今では、飲食店でたまたま隣り合わせだった人が空手をしている

なんてことは珍しいことではないくらい、地元ではとても盛んです。

「どこにいるの?」

なんて聞かれたら、「どこの流派なのか?」という意味合いで

それぞれを主張して認めてはいるものの独自の流派哲学は

それぞれの方から聞くことができます。

例えがあっているか政治の政党と似たような感じですかね?

 

 

沖縄ではよく世界大会も行われ、海外からも多く空手家が集まり

また、那覇の国際通りと言われるメインストリートで1万人の空手大会

と称する空手道をアピールする祭りがあります。

 

11206021_1064021080297841_6807622904370605369_n2 2015_10_25_001

 

 

自然を恵みで海がよく取り上げられますが、空手の文化も

沖縄に来られることがあれば道場を是非覗いてみては如何でしょうか。

 

 

2020年の東京オリンピックでは型の試合になるかと思いますが

全国でも大会で連覇している選手もいて、沖縄から金メダル選手

が出ることを期待しています。

 

 

参考文献

wikipediaより引用

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E…

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E6%B4%BE%E7%A9%BA%E…

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%89%8B

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*