わらしべちゃんぷる

わらしべちゃんぷる シーサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_5910

ども シマです。

 

今日は沖縄の那覇空港でも出迎えてくれる

 

シーサーについてご紹介します

 

%e6%96%b0%e7%a9%ba%e6%b8%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc

 

シーサーはどこからやってきたの・・・?

シーサーは古代オリエントに起源を持つといわれ、獅子(ライオン)が原型とされています。

紀元前6000年頃、エジプトやインドでは強さの象徴としてライオンの石像が創られていました。それがシルクロードを横断し、13~15世紀頃に中国から沖縄へ伝わったのです。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%92


当時、アジアにライオンはいませんでした。そこで人々は噂に聞くその姿を想像し、独自の解釈を加えながらライオン像を創っていきました。長い長い時の流れの中で獅子像の外見は変化をくり返し、現在のシーサーとなったのです。

シーサーから、遥かシルクロードや古代オリエントに思いを馳せることが出来るなんてとても素敵だとは思いませんか?

 

シーサーの正体は・・・?

 

那覇空港のホールや国際通りの入り口、民家の屋根や門柱に置かれている奇妙な顔をした獣像、それがシーサーです。

シーサーとは中国からわたってきた魔よけの獅子(ライオン)で、当初は、城門・寺社・王陵・集落の入り口などに置かれていました。19世紀末、民家にも赤瓦の使用が許されると、屋根に獅子を据えて魔よけとする風習が一般に広まっていきました。

屋根獅子には、焼物製と漆喰製があり、漆喰シーサーの方は一見恐ろしげだがよく見るとユーモラスな顔をしているモノもあります。漆喰シーサーは屋根職人が瓦を葺き、余った漆喰で「除災招福」を願って「おまけ」として創った事から始まりです。(注:漆喰とは瓦の接着剤の様なものです。)

あちらこちらから睨みをきかせているシーサーは今や観光沖縄のシンボルとなりました。ガイドブックには赤瓦に鎮座した姿が紹介され、おみやげ品店では主役を張ってゆずらない存在です。

実際、シーサーと遭遇しない日はなく、獅子文化がこれほどまでに定着した地域は世界広しといえどもここ沖縄だけではないでしょうか? 

 

引用元:シーサーの歴史 http://shi-sa-shokunin.ocnk.net/page/4

 

ちなみにシーサーって オスとメスがあるのを知ってますか?

 

正解は

 

口が開いているのが オス

 

口を閉じているのが メス

 

シーサーの置き方の基本は、

 

シーサーを正面から見て右がオス。

 

口を開いているもの。左にメス。

 

口を閉じているものをおきます。

 

 

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%91

 

メスのシーサーは『女は慎ましやかに』という意味や、

 

 

今自分のところにある幸せが逃げないように、

 

 

という意味もあります。

 

 

%e3%83%a1%e3%82%b9

 

オスのシーサーが口を開けているのは、

 

 

『男は言うべきことは言う』という意味や、

 

 

開いた口から火を吐いたり、噛み付いたりして

 

 

悪霊を退ける意味があると言われています。

 

 

%e3%82%aa%e3%82%b9

 

 

ちなみに

 

沖縄ではあちこちにシーサー工房もあり、

 

観光名所では手作り体験もさせてくれます。

 

 %e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%94 %e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%95 %e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%96

 

観光に来れれる際は覗いてみてくださいね

 

 

 

こちらは娘が小学生の時に夏休みの工作の宿題で

 

一緒に作った手作りシーサー

 

我が家の守り神です。

 

*笑顔のシーサー 

どちらもオスでしたね 笑

 

img_5910

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*